頻尿は泌尿器科の医師にみてもらいましょう

人は起床から就寝まで、一日で排尿する回数には個人差があります。本人がトイレに行く機会が多いと感じた場合は頻尿です。日本泌尿器科楽界ではまた一日に8回以上排尿する場合は頻尿とされています。

・頻尿の原因としては、
・膀胱の圧迫などで貯められる尿量が減ってしまう膀胱がん
・妊娠など、膀胱に貯まる尿量が減少してしまう神経因性膀胱
・尿がしたくなって我慢できなくなる過活動膀胱
・尿道が圧迫されることで思ったように排尿できなくなる前立腺肥大症、前立腺がん
・膀胱粘膜が刺激されて尿意を多く感じてしまう膀胱炎、尿管結石、膀胱結石など、
・水分摂取量が過剰になってしまう糖尿病、尿崩症、心因性多飲症など、
・利尿薬の服用

などさまざまな原因が考えられます。日常生活を送るうえでトイレの回数が増えて生活に支障をきたすようになったら泌尿器科の医師にみてもらうようにしましょう。

頻尿は現代の医学で治すことは可能です。効果的な治療で頻尿を改善することが大切です。”

 

前立腺にも関係してくることもある亜鉛の必要性

前立腺が抱える問題の中で亜鉛が関係してくることも多いために、食事摂取基準などに注意して生活をしていくことが大事です。亜鉛の食事摂取基準は成人であれば10mgくらいを毎日摂るようにすることが重要で、多すぎても少なすぎてもいけないために亜鉛摂取量を調査した上で食べ進める必要があります。

電池でも活用されることがある亜鉛ですが、男性にとっても電池のように前立腺には亜鉛が必要になっています。前立腺の問題はさまざまな機能に影響が出てきて、前立腺肥大などになると排尿が大変になるなど、日常でトイレの不安が出てきてしまうのです。

また、性欲にも影響が出てくることもあるために、夜の営みなどが減ってしまったり、上手くいかなくなることもあります。そのために今まで通りに生活するためには性欲が減退してしまった場合や前立腺に問題が出た場合には、専門家に相談をして亜鉛が必要であれば摂るようにすることが重要なのです。

男性の重要な前立腺に関係してくることもあるので、亜鉛は常日頃から食事摂取基準に注目しながら生活をするのがベストです。

 

頻尿はストレスからも生じる

頻尿でお困りの方は多いと思います。頻尿が生じる原因は様々あり、内的な要因としてはカフェインの大量摂取などにより生じます。

また頻尿は内的な要因でも起きることがあります。主にストレスが原因となり生じる頻尿のことを心因性頻尿といわれます。よく緊張する場面でトイレに行きたくなってしまう人がいますが、これがより過度になってしまったものが心因性の頻尿になります。

もともとトイレが近かったり、過去に膀胱炎になったことがあるような場合には、トイレに頻繁にいかないと不安を感じてしまうような方もいます。こうした不安感が頻尿を引き起こす要因となってしまいます。

頻尿については、頻尿サプリのランキングもいいですが、病院にて診察してもら事で改善するということもあります。

基本的には心因性であっても泌尿器科に行き、そこで詳しい症状を伝えることで適切な治療を行ってもらえます。薬を使っての治療が一般的ですが、その他膀胱訓練という方法も教えてもらえるので、自分に合った治療法を受けられます。